×

CATEGORY

HOME»  ブレンド»  IGATETSU COFFEE ドリップ24個(伊賀線カード6枚)

IGATETSU COFFEE ドリップ24個(伊賀線カード6枚)

伊賀鉄道と、伊賀市内のベーカリーカフェ「ブーランジェリー エ カフェ リエゾン」(リエゾン)とコラボ!!
コーヒーパックにかつての伊賀線車両をデザインした『IGATETSU COFFEE』

  • IGATETSU COFFEE ドリップ24個(伊賀線カード6枚)

  • 販売価格

    4,428円(税込)

  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 4種類のドリップパックタイプ(一杯分)のコーヒーは、リエゾンによるオリジナルブレンド。各パックには鉛筆画風のタッチでかつての伊賀線車両とその車両番号が描かれている。各パックの車両番号、コーヒーの特徴、車両の概要は以下の通り。
    【5184】 インドネシアとコロンビアの豆をベースにした、コクのある味が特徴。車両は伊賀鉄道デハ1形電車(のちの形式整理でモニ5181形に)。伊賀線が電化された大正15年から5000系が投入された昭和52年まで、伊賀線一筋で走り続けた。
    【5252】 深煎りでしっかりとしたキレがあり、苦みを楽しめる。ミルクを入れても美味しい。車両は信貴山電鉄用として製造されたもので、奈良の信貴山の勾配区間を走っていた。昭和21年に伊賀線へ転入し、「ゴニゴニ」の愛称で親しまれたという。
    【5002】 モカを30%以上配合。上質な酸味と香りが特徴。パッケージ絵の5000系は、伊賀線の老朽化した車両を置き換えるため、近鉄名古屋線から昭和52年に11両が転入した。
    【863】 苦みと酸味とコクの調和のとれた飲みやすいコーヒー。近鉄820系はもともと近鉄生駒・田原本線で運行していた車両だが、昭和59年から平成5年にかけて860系として伊賀線へ転入。863Fは平成21年にかつての近鉄820系の姿に塗装し直され「昭和レトロトレイン」として運行した。平成24年引退。

関連商品

CATEGORY

CONTENTS